windows-wifi

Wi-Fi Windows ネットワーク モバイル

Windows マシンを Wi-Fi 親機にする基礎知識

Windows マシンを Wi-Fi 親機(無線アクセスポイント)にしてしまうための基礎知識のメモです。
ポータブル無線ルーターやスマホにディザリングして、出先でラップトップ(ノートPC)を使うことはよくあると思いますが、そのノート PC に直接 Wi-Fi 接続してインターネットにアクセスしたいことがあります。

例えば、海外のホテルなど有線LANしか使えない状況下で、手持ちのデバイスで有線LANに接続できるものはラップトップぐらい、Wi-Fiしか繋がらないタブレットや、SIMなしスマホ、kindle等のデータも更新したい場合、一番先に思いつくのが、無線デバイスをラップトップに繋げることです。

Linux 等をラップトップにインストールしている人は、何の苦もなくラップトップを Wi-Fi にしてしまうと思いますが、Windows 10 でもそれほど苦労なしに、無線アクセスポイント(簡易ルーター)化できます。

Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter を有効にする

まず、Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter を有効にします。

コマンドプロントを管理者として起動します。
※ユーザーアカウント制御の警告が表示された場合は、「はい」を選択してください。

『スタートボタン』→『Windowsシステムツール』→『コマンドプロンプト』(右ボタンでクリック)→『その他』→『管理者として実行』

コマンドプロンプトに以下のように打ち込みます。

 command
C:\> netsh wlan set hostednetwork mode=allow
ホストされたネットワークモードは許可に設定されています。

参考

Wireless Hosted Network 機能は Windows 7 より新しく追加された機能で、無線ネットワーク アダプターが Wireless Hosted Network に対応している場合は、インストールされているネットワーク アダプターとして、デバイス マネージャーに [Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter] が表示されます。つまり、無線LANモジュールが対応していると(自動で有効になり)表示されます。

Wireless Hosted Network 機能を使うことで、1 つの物理的なワイヤレス アダプターを仮想化し、複数の無線ネットワーク アダプターとして機能させることが可能です。また、Wireless Hosted Network 機能を使用するソフトウェアにより、Windows 7 をインストールしたコンピューターを無線アクセスポイントとして機能させることができます。

SSID とセキュリティキーを設定する

SSID とセキュリティキーを設定します。

 command
C:\> netsh wlan set hostednetwork ssid=windows_2.4G key=0123456789 keyusage=persistent
ホストされたネットワークのSSIDが正常に変更されました。
ホストされたネットワークのユーザー キー パスフレーズが正常に変更されました。

「windows_2.4G」の部分はSSID名を任意で指定します。ここでは「windows_2.4G」としています。
「0123456789」はセキュリティキーを任意で指定します。ここでは「0123456789」としています。

暗号化方式は AES 、認証方式は WPA2-PSK になります。

Virtual WiFi のサービスを開始する

Virtual WiFi のサービスを開始します。

 command
C:\> netsh wlan start hostednetwork
ホストされたネットワークが開始されました

インターネット接続の共有設定を行う

インターネット接続の共有設定を行い、無線アクセスポイント(簡易ルーター)化します。

『 ネットワーク共有センター 』→『 アダプタの設定の変更 』をクリックし、『 ネットワーク接続 』の画面を開きます。

『 ローカルエリア接続 』→ 右ボタンクリック『 プロパティ 』→『 共有 』タブをクリック。

上図が表示されたら、ネットワークのほかのユーザーに・・・・の項目に☑します。
ホームネットワーク接続のプルダウンで作成したVirtual Adapterを指定します。

スマホやタブレットにこの無線アクセスポイントを設定する

接続したいスマホ、タブレットや kindle などから、Wi-Fi 設定でSSID「windows_2.4G」を指定します。

パスワードは先ほど設定した「0123456789」を入力します。

正常に接続されることを確認します。

Wi-Fi(無線アクセスポイント化)を無効にするには

無線アクセスポイント(簡易ルーター)を一時的に設定しただけなら、安全のために使い終えたら無効にしておきましょう。
Microsoft Virtual WiFi Miniport Adapter を無効にする場合は、

 command
C:\> netsh wlan set hostednetwork mode=disallow
ホストされたネットワーク モードは非許可に設定されています。

とコマンドを入れて、上の通りになれば大丈夫です。

-Wi-Fi, Windows, ネットワーク, モバイル
-, ,

© 2020 ネーテルス