iTunes Apple ID error

Apple

[小ネタ]iTunes でApple ID エラーが起きたときの対処法

Apple デバイスの愛好家は私だけではないはずですが、旅先で iTunes のバックアップを取らないといけなくなった時などのお話です。
小ネタですので、まず結論です。

VPN 経由で Apple にアクセスしていると、Apple ID エラーが起きることがある。

トラブルの経緯

普段は自宅のデスクトップに iTunes 経由で iPhone をバックアップしています。
今回の私は、次のようなケースでした。
旅先で iPhone のバッテリーが死亡してしまい、妊婦のように iPhone が膨れ上がってしまいました。
というか、ただの充電しすぎでよく起こる事故なのですが、とにかくデバイスを復旧させなければなりません。
適当な家電店かアップルストア、もしくは携帯電話会社で新規に iPhone を契約するなどしてデータを移し替える必要があります。そのためには、まずバックアップ作業をする必要があります。サードパーティのバックアップソフトを使う手もありますが、あの手のソフトは最終的にデータの依存関係が崩れて、初期化を余儀なくされることがありますので、私は純粋に iTunes を使うことにしました。

なお、iPhone のバッテリーは死亡状態ですが、iPad 用のライトニングケーブルで 15 分ほど充電すると、iPhone iOS 自体は起動し、iPhone が PC 経由でバックアップできる状態です。

話が長くなってきましたが、要は今現在持ち歩いているノートブック PCに iPhone をバックアップし、新規の iPhone にリストアしたら、ノートブックの容量を増やすために iTunes ごと消去する予定です(おそらく認証も解除する)。

最近の Windows マシンには apple のサイトから iTunes
ダウンロードしてインストールするのではなく、Microsoft Store 経由で入れることが奨励されています。

iTunes PC 認証

iTunes インストールして、まずやるべきは PC の認証です。これをやっておかないと、アプリのパスワード等々をひっくるめてバックアップできず、ただの上っ張りだけのパックアップになるので要注意です。逆に、上っ張りだけ戻せばいいのなら、サードパーティのツールも使えます。

ところが、私の環境ではエラーになります。

iTunes Error

その時点で、私のバカ丸出しを気づくべきでした。
勝手に、根拠なく、apple のサーバーが込み合っているものだと判断して、数時間待ちましたが解消しません。

実は、私のラップトップはデフォルトで VPN 経由して外部アクセスするようになっていました。 今回は、ちょっと遠場のプロキシ経由になっていて、実はこれが認証エラーを引き起こしているのではと疑い始めたのが、iTunes インストール後数時間してからです。

オチがショボくて申し訳ありませんが、VPN を経由せずにAppleにアクセスすると、見事認証されました。丁寧に iPhone には何々からアクセスがありました等のお知らせが届きます。
私のようなケースはあまりないのかもしれませんが、お気づかずに悩まれている方がいたら試してみてください。

RECOMMEND

-Apple
-