レンタルサーバー選び

サーバー

表示速度に注目したレンタルサーバー比較 2022年11月版

2021年8月10日

黒円は東京・大阪からのアクセスした場合の平均応答速度、水色の円は名古屋からのアクセスした場合の平均応答速度です。
ピックアップしたサーバーは、比較的巷でよく使われているもの、多くのサイトで紹介されているものを選びました。
プランは月額2,000円以下のものに限っています(一部例外あり)。測定環境は厳密なものではなく、各ロケーションでNTTの光回線(ソフトバンク光を含む)でアナログ的に測定しています。そのため、自分の環境ではそんなに速くない、遅くないという齟齬が生じるかもしれませんが、値はあくまで参考程度(一例)にとどめておいてください。

お詫び、2022年10月21日ごろまで、古いデータの表を誤って表示していました。大きな違いはロリポップの表示速度が上がっている点です。改めてお詫びいたします。

原点に近く、白・水色の円が小さいほど、レスポンスの良いサーバーということになります。
単純にデータを取っただけなので、応答速度以外の点は考慮していません。
緑の円は月額料金(最安となるよう長期契約して、それを合計の月で割って算出したもの)の大きさですので、目立たない小さい円であるほど安いサーバーということになります。

チェックしたサーバー

※関東・関西からの平均速度順に並べました。

2022年10月現在の速度的優位なサーバー

ほぼ、一ヶ月、二ヶ月前と同じ結果です。
価格を考慮すれば、ConoHa WING(WINGパック)が優位です。
実験する前まではエックスサーバー(スタンダード・旧X10プラン)がダントツだと予想していましたが、より速度的に優位なサーバーも存在する模様です。
もちろん、

  • エックスサーバー系列のwpX Speed(W1プラン)は最速ですが、他のレンタルサーバーと比較して、少々高額です。

    カゴヤ(共用サーバーS12)は評判が良いことは知っていましたが、いい感じです。速度面だけで確認しても、実測で速いサーバーのグループに入ります。
    カゴヤは関東からのみならず、関西方面からも遜色ない速度ですので、バランスの良さがうかがえます。

    残念なのが、さくらレンタルサーバ(スタンダード)でした。ただ、私自身、測定の方法が良くなかったのかと疑う部分もまだ拭えませんので、さくらがダメなサーバーだとは断定しません。かばう訳ではありませんが、経験上そんなに使いにくいサーバーではありません。「さくら」に関しては「さくらのVPS」の方を評価してやるべきでしょう。


    関連記事
    エックスサーバー陣
    エックスサーバーと wpX Speed 、wpXシンどれを選ぶべき?

    このページはエックスサーバーを使ってみたいという人が、「エックスサーバー」と「wpX Speed」、どれにするべきか悩ん ...

    続きを見る


    関連記事
    ロリポップ!
    ロリポップはこう使え

    当サイトで計測した、アナログな速度測定では並々な成績を収めた「ロリポップ!」、実はコストパフォーマンスに優れる老舗です。 ...

    続きを見る

    関連記事
    アダルトサイトサーバー選び
    アダルト運営したい人のためのレンタルサーバー選び

    レンタルサーバーのネタ色々ありますが、ここ数年サーバー管理者からよく聞くアダルト運用ネタです。 本ページはこんな方におす ...

    続きを見る


    関連記事
    カゴヤ・アダルト
    今でもカゴヤでアダルトサイトはできるのか?

    かつてのVHSビデオがなぜ普及したかといえば、有力説に「アダルトビデオ」を見たい借りたい一心で、世のサラリーマンがボーナ ...

    続きを見る





  • RECOMMEND

    -サーバー
    -,