無料WordPressレンタルサーバー

WordPress サーバー

ピックアップ!無料WordPressレンタルサーバー3選!

1990年代からネットをハマっている人には常識ですが、インターネットはもともと無料で使えるのが前提のインフラです。
過去も昔も、メールアドレスを含むサイバースペースは、原則無料で手に入ります。
今回は、ネットで無料でWordPressを使う方法をチェックします。

本ページはこんな方におすすめ

  • ネットにお金をかけたくない
  • WordPressを試してみたい
  • レンタルサーバーを試してみたい

ここでは、「無料で使える=匿名で使える」というものは成立しません。
無料で使えますが、適当な捨てメアドで登録すると、業者側からすぐに排除される憂き目に会いかねませんので注意してください。
かつての geocities や tripod や fortunecity みたいなサイバースペースを知っている方は、そういうタイプのものではないのでご注意を!

WordPressが無料で使えるレンタルサーバーをチェック

サーバー利用料自体が無料かつ、加えてWordPressもタダで使えるサーバー会社をピックアップします。

WordPress が使えるレンタルサーバーで、無料で使えるものは、ご推察の通り、有料版に比べて制限があります。
例えば、ディスク容量が少ない、転送量が制限される、サポートは期待できないなど、ヘビーユーザーには初心者ユーザーにも不満が残るスペックになっています。しかし、利用方法次第では有効に使えます。
家族や、数人での情報共有など、プログなどの規模が小さいうちは無料のレンタルサーバーで運用してみてもいいでしょう。

無料サーバーは、有料サーバーと組み合わせることでメリットが発揮されることが多いので、今後のアップグレードや複数サーバー会社の利用を見越して使い始めるのも利口です。逆に、「無料サーバー一本で行く」という覚悟で使い始める方は、デメリットを十分理解した上で活用する技術が必要です。

利用の前に、無料の意味を考えよう 無料体験とは違うもの!

冒頭でも書きましたが、本来インターネットは無料で使える強固なインフラです。そのため無料で使えるのが原則ですが、そのような思想で無料サーバーを運用しているところは世界中でもごく少数です。
本ページで紹介する無料サーバーも、「ネットは無料で使えるべき」という思想ではなく「無料で使ってみて気に入ったら有料サービス移行を考えてね」という下心があります。このことは悪いことではなく、下心を見せてくれている分だけむしろ安心です。
政府機関でもないのに、無料でサービスを受けたりすると、今の時代なにかのいかがわしいことに巻き込まれる方が、マジのリスクです。
利用者のその点を抑えておきましょう。ここで紹介するサイトは、いかがわしいものはないので普通に無料で使い倒してみても大丈夫です。

無料サーバー(サービス)と無料体験の違いは?

無料サーバーは、容量制限などを外したい場合は、有料サービスに移行する必要がありますがも、移行しなくても無料部分はずっとタダで使い続けることができます。
一方、有料サーバーの無料体験というサービスもあります。こちらは初月とか10日間とか期間限定で、有料サーバーの機能をタダでフルで使えるサービスです。フルで機能を一定期間使えますが、もし使い続けるなら利用料を支払う必要があります。

WordPress - wpXブログ



詳しくはコチラ


注目ポイント

  • WordPress が無料で利用可能
  • 独自ドメインのメールも無料で利用できる
  • 独自SSLに対応
  • エックスサーバーオリジナルのテーマが使える
  • 有料版のwpXブログPROに移行するときは楽

当サイトも利用しているエックスサーバーの無料版です。
最大で10個までのプログが運営できる点も、他社より有利な点です。
広告が入ってしまう点が、やはり無料という感じですが、速度も早く快適です。タダで使えるなら文句はないでしょう。
有料のエックスサーバーそのものは、実は格安サーバーのジャンルに入るものなのですが、それでも高いと感じる方には、この無料のwpXブログがおすすめです。アクセスが増えたり、本格的に運用しようと思った時に、いつでも有料サービスにバージョンアップできます。

スターサーバーフリー



詳しくはコチラ

https://www.star.ne.jp/free/

注目ポイント

  • PHP、WordPressも不要なら広告は完全に非表示
  • PCしか使用しない閲覧者なら、PC上の広告は全くない
  • 容量や速度に不満が出たら、簡単に有料プランに移行できる

スターサーバーフリースターサーバーフリーは、実は速くて安いサーバーなのですが、いまいち著名度がないため価格も安くなっています。

「スターサーバー」の運営会社は「ネットオウル株式会社」ですが、「ネットオウル株式会社」は実はエックスサーバーの関連会社です。
ウェブサービスは、nginx で動きます。有料サービスと無料サービスの違いは、主にサーバー容量と、マルチドメイン、広告が挿入されるかどうか、PHPが使えるかどうかという点です。ハードウェアに関しては大きな差がありません。
広告といっても、スマホでサイトを訪れたときだけに、スマホに表示されるだけですので良心的な設定だと思います。
無料でWordPressを利用したい人は、「フリー PHP+MySQL」を選べば大丈夫です。自分のブログを一つだけ運用するような場合で、アクセス数も稼げていない段階なら、十分使い物になります。

XREA



詳しくはコチラ



注目ポイント

  • コントロールパネル(サーバー管理画面)は初心者に易しいわかりやすさ
  • 無料でhttpsサイト運用可能(無料SSL)
  • 無料プランから有料プランへの移行は簡単

XREA

無料版は広告が入りますが、その他は並々のスペックです。
大量にアクセスがあるようなサイトだと、少し厳しい転送量制限があります。
使いこなすコツとしては、できる限り「画像」を入れない、テキストだけで勝負するサイトなら、一日あたり1,000アクセスまでさばけると理解していいでしょう。
アイキャッチ画像は諦めて運用するしかありません。広告は画像が入りますので、全体としてはこじんまりとしたサイトになることもないです。

まとめ

1位 WordPress - wpXブログ 実績と安定性!


2位 スターサーバーフリー 広告控えめで小綺麗!


3位 XREA 意外と速いダークホース

無料サービスは過去も現在も健在です。しかし、1990年代のネット人口がソコソコだった時代と比べて、無料サービスの品質そのものは向上しましたが、本人確認等の煩わしさも増えました。無料で使えるからといって、匿名で使えるという意味では使えるというものでもありません。
かつては、hypermart のような cgi も無料で使えたサーバーでやりたい放題できた時代もありましたが、現在はすぐに捜査されます。
だから、法に触れるようなプログやサービスを行うことはできませんので、そのあたりの常識は持っておきましょう。

RECOMMEND

-WordPress, サーバー
-, ,