Signal Telegram Messenger

android コード ネットワーク モバイル

LINE にとって変わるメッセージアプリを考える

LINE 問題で、代替アプリ検討のメモ書きです。
基本的に広告の入らないアプリを探しています。

LINE 問題で、LINE をやめたいけれど、それに変わるアプリがないと懸念している方へ

LINE が胡散臭いアプリだということはよくよく知っていたけれど、いざ使用をやめたら友達が消えるなど悩みも多いかと思います。
そんな時に、おすすめの代替アプリを2つ紹介します。 エンジニア仲間(エンジニアもどきも含める)では常識化しているかも知れませんが、オープンソース陣の「Signal」と「Telegram(テレグラム)」をオススメします。

使い方はどちらも、LINE と同じなので簡単です。

上の2つのSNSアプリは、欧米では標準の WhatsApp から移行したい多くのユーザーの心をつかんでいます。


現在世間を賑わせている LINE のサーバー問題に関しては、まぁ当然だろうなという感覚で見ています。 通常、このようなケースで LINE を擁護するというのはそれなりの訳有りのはずで、例えば実家が旅館や飲食店を経営していて、LINE で集客していたりすると、ついつい擁護側に回るのかも知れませんね。

しかし、最低限政府関係者と、政府や企業の最高意思決定機関に属する人は、そもそもスマホに馴染みがない人は、変なアプリ入れて勤務中、職場に持ち込んではいけません。勤務中に LINE で現在位置と垂れ流しているなんて、それが所轄の刑事だったりすると訓戒ものだと思います。

 TelegramSignaliMessageWhatsAppLINE
データ通信E2EEE2EEE2EEE2EEサーバー
本社所在国英国米国米国米国韓国
安全性良好最強強い良い信用できない
商用非営利非営利applefacebook営利
オープンソース△(クライアントのみ)
印象カシコイ誠実デフォルト老舗詐欺師

本社所在国については、実質上の所在地を記載しています。LINE に関してはメインサーバーの所在地が問題になります。

安全性に関しては、暗号化方式が破られないかというような意味ではなく、そもそも運営会社がイカサマをするような場合、通信内容が悪用されるなど、そのアプリそのものが信用できるのかどうかという点で評価しています。

iMessages に関しては apple のデフォルトなので、Mac や iPhone 使いの人は使ったことがあるかと思います。機能は少なめですが、特にセキュリティホールは確認されていません。

WhatsApp はすでに facebook の傘下に入っています。 この手の問題に敏感な米国製ですので、ある程度信頼してもいいのかなと思っていた facebook ですが、あえて説明しませんが、要注意だと思います。 端的に言うと、 facebook は個人情報収集の鬼という感じでしょうか。
尚、WhatsApp そのものは歴史も古く、かつてはトロイの木馬が含まれていたり、プライバシーを侵害が指摘されたこともありますが、現在のところ安全に収まっているようです。
月間13億人もアクティブになるというFacebook Messenger は同様の理由で、あまりコメントしません。闇が深いように感じます。

上でとりあげたメッセージアプリの中で、LINE だけが会話情報をサーバー上に保管し、運営者が好き勝手に会話内容を二次利用し、個人情報を販売することができます(事実、同意事項にそう書いてある)。危険性を認識している国、例えば台湾の総統府では職員の LINE は禁止されています。
LINE に関しては、データが組織的に悪用されるということ以外に、様々な懸念が指摘されています。

上の LINE 以外のその他アプリは本人のみが暗号・複合鍵を持つエンドツーエンド暗号化(E2EE)のアプリなので、サーバーにデータが残りません。仮に残っても、キーがないので中身を見ることができません。

どのメッセンジャーなら安心して使えるか?

結論から言えば、「Signal」がベストチョイスです。 まず、オープンソースアプリ(ソースコード公開)なので、変なコードを仕込むと、すぐに世界中のハッカーに見抜かれてしまうという、安心感があります。 世界で自分が一番のハッカーだと思っていても、上には上がいることぐらい、どんな自惚れ屋にも自覚させてしまうのが、オープンソースの利点ですね。
逆に、オープンソースはソースコードからアプリの中身が丸裸にされてしまうので、その点を懸念する人もいます。ただ、それは杞憂であると、歴史的にも証明されたように思います。例えば、OpenSSL はコードが公開されているため、セキュリティホールに絡む点を切磋琢磨されて、強力な標準プロトコルに成長した事実にも目を向けましょう。コードが公開されているから、セキュリティ的には問題があるということに直接結びつける必要はありません。裸で歩いているようなものですので、たしかに危険は多く、良からぬアプローチも多くなりますが、その分目立つため猛者に守られることも多いものです。

ちなみに、オープンソースで供給されるため、この2つのメッセンジャーに搭載された機能は、コードを流用して安々と LINE に搭載されています。

Signal については、非営利団体が運営しているため、広告が入りません。 広告が入らないということは、ビジネス的にはやり辛いという点もあるかも知れませんが、純粋にメッセージアプリとしては優れているということは認めるべきでしょう。 デバイス間の通信は、独自の Signal Protocol で暗号化して行いますが、もともとセキュリティ的に強いアーキテクチャであるため、仮に暗号化しなくても、安全性が極端に下がらないはずです。 ちなみに、Signal Protocol は、安全性が安心して確保されるプロトコルであるため Skype、WhatsApp や facebook Messenger などにも採用されています。米国議会が認めたとかの(米国上院議員が普通に使用しているらしい)、安全性の高さが売りです。

Signal は、ユーザー間でメッセージをやり取りしますので、サーバーにメッセージが残らないのがポイントです。 そんな事言いながら、「ホントは少し残しているだろ」と常識的には疑うものですが、オープンソースである宿命で、その点はズルができません。 そもそも、非営利団体が運営しているので、サーバーに通信内容まで保存していたら、サーバー管理費がかさんでしまいアプリ運営が成立しなくなります。 Signal サーバには、ユーザのアカウント作成日と最終接続日時が保存されますが、チャット・メッセージの本文内容は保存されません。

このような点からも、地方自治体を始め、公共機関はもう少しマシなメッセンジャーアプリを採用すべきです。

取りあげていないメッセージアプリについて

例えば、「WeChat(微信)」や「Tecent QQ」など利用人口も多く日本では普及していないものがありますが、特定の国を対象としたジャーナリストのように、使わさせるを得ない場合はともかく、わざわざインストールしなくてもいいのではと考えています。
少なくともメインのスマホにインストールするのは、それ相応のリスクを覚悟すべきでしょう。

(上のリンク先はiTunes ストアです)

RECOMMEND

-android, コード, ネットワーク, モバイル