Cygwin

Windows ソフトウェア 入門

Windows に Cygwin をセットアップする入門編

Cygwin は Windows 上で Linux ディストリビューションと同様の機能が使えるようにする、オープンソースのツールです。実質的に POSIX API 機能を提供するのは cygwin1.dll になります。

Cygwin のインストール

インストール編は、どこのサイトの解説を見ても同じ内容になります。初心者の方が気にするべきポイントは何をインストールするかという点に絞られると思います。

公式サイト:https://cygwin.com/install.html

64bitOSの場合は、setup-x86_64.exe をダウンロード後、ダブルクリックしてインストールします。

ダウンロードしたファイル "setup-x86_64.exe" は、後々に "C:\Cygwin64" に置いておくと便利です。

本ページはこんな方におすすめ

  • Cygwin の概要を知りたい
  • Cygwin をとりあえずインストールしたい

インストールは、コア部分さえインストールしてしまえば、後は setup-x86_64.exe を再度ダブルクリックして実行することで、追加で他のモジュールやアプリなどをインストール(アンインストール)できます。

インストーラのバージョンが古すぎると、ダウンロードやインストールに不具合が出ますので、できる限り最新のものを使うようにします。
Cygwin 入門
インストールはインターネット経由で行います。インストールせず、ソースファイルだけをインターネットからダウンロードだけする方法もあります。
Cygwin 入門

インストール先は「Root Directory」に設定しますが、デフォルトの「C:cygwin」や「C:cygwin64」で問題ありません。Windows のファイルシステムの都合上、あまりディレクトリ名が長くなると扱いにくくなります。やってはいけないのは、「C:Program FilesCygwin」などです。そうしてもインストールそのものは可能で使えますが、使い込むとパス指定などの手間コストが高くなり、ファイルシステムの制限(ファイル名の長さ制限)を受けるリスクも多くなります。

Cygwin 入門

ダウンロードサイトはどこでもかまいませんが、実行してみてダウンロードが遅すぎる場合は他のサイトを選んでみると良いかもしれません。日本の大学サーバーなどが比較的選び安いのですが、回線の太い米国サーバーや台湾サーバーなどでも不具合ありません。

Cygwin 入門

次に、インストールのメインであるどのパッケージをインストールするかですが、初心者の方はとりあえず「次へ」をクリックして、初めてのインストールの段階では積極的にパッケージはしない方が無難です。
全くの初心者の場合は、ほぼすべてのパッケージをインストールしてしまわないと、使い始めようにも使い物にならないということがあり得ます。
カテゴリー(Category)で「Game, GNOME, Office, KDE, X11」あたりは重くなりがちですので、圧から必要な場合に逐次インストールするのもコツです。必然的に他のパッケージとの依存関係で、自動的にインストールされますので、そのレベルでのインストールで大丈夫です。また「Debug、Devel」は普通は必要な人が多いと思うのですが、ここも逐次必要になったらインストールしていく方法がオススメです。
パッケージ名で「***-doc」はほとんどがマニュアル系ですので、ディスク容量が少ない場合などは、無理にインストールする必要はありません。


関連記事
Apache 設定
Cygwin で apache と PHP を速攻セットアップする

Cygwin を使って Apache を速攻セットアップする手順です。 設定環境 CYGWIN_NT-10.0 PC 3 ...

続きを見る

RECOMMEND

-Windows, ソフトウェア, 入門
-, , ,