AFFINGER ACTION and THE THOR

WordPress

有料WPテーマはAFFINGERとTHORどちらがオススメ?

ウェブサイトをWordPressで運営するときに、テーマ選びが一つのキモとなります。結論としては、自分が運用しやすいものがベストですが、当サイトは 「ACTION(AFFINGER6)」 を使い続けてもはや数年以上経過するので、ここのところ勢いのある THE・THOR(ザ・トール) と比較して使用感をレビューしようと思います。

本ページはこんな方におすすめ

  • AFFINGER(ACTION)とTHE THORどちらを買おうか迷っている方
  • AFFINGERからTHE THORに乗り換えたい方
  • THE THORからAFFINGER(ACTION)に乗り換えたい方

はじめに当サイトの結論

「ACTION(AFFINGER6)」 はフル装備(子テーマJET+タグマネージャーなどのプラグインや子テーマを追加購入した場合)にするとカスタマイズ性を含め事実上最強に近いブロガー特化型テーマです。追加プラグインや子テーマなどを購入したりすれば分トータルコストは高くなりがちなテーマでもあります。一方で、 THE・THOR(ザ・トール) は一回だけ購入してしまえば、必要な機能がほぼ標準搭載されてついてきて、プラグインの相性なども考える必要はなく、そのままでほぼ理想的に動きます。
そのため、トータルコストを下げたいなら THE・THOR(ザ・トール) 、子テーマや会話プラグインなどでテーマを強化しつつ使いたいなら 「ACTION(AFFINGER6)」 の方が勝手が良いです。
実際の使用感はどちらも一長一短でして、使いこなせれば他サイトで解説されているほどの差にはなりません。

比較項目ACTION PACK3
(AFFINGER6EX対応)
THE・THOR
(ザ・トール)
デザインの柔軟さ[sx2]○(着せ替え機能あり)[/sx2][sx2]○(着せ替え機能あり)[/sx2]
レスポンシブ対応[sx1]◎[/sx1][sx1]◎[/sx1]
表示速度[sx2]○(AMP)[/sx2][sx2]○(AMP+PWA)[/sx2]
記事作成の柔軟性[sx2]○[/sx2][sx4]×[/sx4]
ブロックエディタ(Gutenberg)対応[sx1]◎[/sx1][sx2]○[/sx2]
クレジット表記[sx2]削除可能[/sx2][sx2]削除可能[/sx2]
記事の装飾アイテム[sx1]◎(非常に豊富)[/sx1][sx2]○[/sx2]
入力補助機能[sx1]◎[/sx1][sx2]○[/sx2]
SEO対策[sx1]◎[/sx1][sx2]○[/sx2]
投稿記事管理機能[sx3]△[/sx3][sx2]○[/sx2]
カスタマイズ性[sx1]◎(柔軟)[/sx1][sx2]○[/sx2]
目次・関連記事・人気記事の表示[sx3]△(プラグインで対応)[/sx3][sx2]○[/sx2]
ランキングページ[sx2]○(簡単作成)[/sx2][sx2]○(簡単作成)[/sx2]
LP[sx2]○[/sx2][sx2]○[/sx2]
絞り込み検索機能[sx3]△[/sx3][sx2]○[/sx2]
マニュアル サポート[sx1]◎[/sx1][sx2]○[/sx2]
アップデート[sx1]◎(頻繁)[/sx1][sx2]○[/sx2]
テーマの安定性[sx2]○[/sx2][sx3]△[/sx3]
複数サイト使用[sx2]○(制限なし)[/sx2][sx2]○(制限なし)[/sx2]
AMP対応[sx1]◎[/sx1][sx1]◎[/sx1]
CSS非同期読み込み・imgの非同期読み込み[sx1]○(プラグインで対応)[/sx1][sx1]◎[/sx1]
記事装飾[sx1]◎[/sx1][sx2]○[/sx2]
スライドショー[sx1]◎[/sx1][sx2]○[/sx2]
PCとスマホで別表示機能[sx1]◎[/sx1][sx3]△[/sx3]
SEO 柔軟設定機能[sx1]◎[/sx1][sx2]○[/sx2]
SEO関連情報管理[sx3]△[/sx3][sx1]◎[/sx1]
アップデートは頻繁か?[sx1]◎[/sx1][sx2]○[/sx2]
テーマの安定性[sx2]○[/sx2][sx2]○[/sx2]
表示速度[sx1]◎[/sx1][sx1]◎[/sx1]
オプションセット価格ACTION PACK3 39,800円
標準価格14,800円16,280円
総合評価秀++秀+

具体的な選択基準

「ACTION(AFFINGER6)」 THE・THOR(ザ・トール) も、アフィリエイターやブロガーの意見をふんだんに取り入れて開発されたテーマです。その分、無料テーマでは抜け落ちている箇所も手抜かりなく、SEO対策の微調整にもしっかり対応しています。また、WordPressの度重なるバージョンアップ、Googleの検索アルゴリズム変更に対しても、随時バージョンアップされるため、どちらか一つのテーマを入れておけば安心です。

THE・THOR(ザ・トール) が他のテーマと少し違うのは、デフォルトの状態で公式サイトでデモ表示しているようなデザインが手に入る点です。他のテーマは、少々実力を出してカスタマイズに励まないと、各社のデモ表示しているようなデザインになりません。デザインはは苦手(興味ない)という方は、テーマのデザインをカスタマイズするのが苦痛になる可能性もあるので、この点は考慮しましょう。テーマの公式サイトでデモされているページがそのまま気に入れば、 THE・THOR(ザ・トール) は極めてコスパに優れたテーマになります。

THE THOR はデフォルトのデザイン・設定がほぼ完成済み

AFFINGER は THE THOR よりかは少々設定したほうがまとまる感じ

あまりHTMLやCSS、PHPに詳しくないという自覚があり、今後もそちらの知識改善に尽力する気がしない方なら「 THE・THOR(ザ・トール) 」一択です。一方、不要機能を省いたり自前でカスタマイズする気がある方なら 「ACTION(AFFINGER6)」 がおすすめです。

テーマの単体価格だけ比較すると、 「ACTION(AFFINGER6)」 の方が安いのですが、アフィリエイター御用達のタグ管理機能などを使いたい方は、専用の有料プラグイン「タグ管理マネージャー」が必要になります。一方、 THE・THOR(ザ・トール) の場合はアフィリエイト・リンク・タグ管理をする程度のツールは、テーマに標準搭載されています。
ブログ運営するブロガーにとりあえず必要な機能が一通り標準装備されているのが THE・THOR(ザ・トール) 、タグ管理だけでなく、タグABテストにまで発展させる機能まで使いたいのなら、トータルコストはかさんでも 「ACTION(AFFINGER6)」 の方がおすすめになります。

特に二者選択でもないので、両方に手を付けてもいいのですが、とりあえず一つのテーマを使いこなして行くほうが、後々に他のテーマも使いこなせるようになるのでおすすめです。 「ACTION(AFFINGER6)」 で作成した記事を THE・THOR(ザ・トール) 簡単に移し替える(テーマ変更する)ことができるのかという点につきましては、 「ACTION(AFFINGER6)」 を使いこなしている人ほど移し替えた後にデザイン的に崩れることに悩みます。そのため、こういった箇所はパターンを見つけて修正していく作業が必要です。 THE・THOR(ザ・トール) から 「ACTION(AFFINGER6)」 に移し替える場合も同様です。

AFFINGER と THE THOR でデザイン面に差はあるか?

結論から言えば、どちらもデザイン面では優れています。カスタマイズも豊富にできます。そのため、ある程度のレベル(WordPress、HTML、CSS、Javascript)の人が使う場合は、両者に大差はありません(結局独自カスタマイズしてしまうので、差が埋まってしまうという意味)。しかし、デフォルトのそのままのデザインで比べると、 THE・THOR(ザ・トール) の方がプロっぽく、個人的にも好みです。
両テーマともにデフォルトのままで普通に使い始めることができます。見栄えも悪くありませんが、あえて言うなら 「ACTION(AFFINGER6)」 は最低限のカスタマイズ(色設定など)をやっておくことで、ぶっきらぼうな感じをぬけて丸い感じにできます。 「ACTION(AFFINGER6)」 は、更にデザイン的にアドセンスとうまくああう専用有料子テーマ「JET」を使いたくなる人が多いかと思います。当サイトもそういう感じでした。

【圧倒的にSEOに強く・上位表示されやすいWordPressテーマ】

THE・THOR(ザ・トール)|テーマ

プロっぽいデザインのサイトの方が、ユーザーに読まれるサイトだというのは早とちりです。最終的には内容の良し悪しになりますので、両テーマのデザインのレベルならどちらでも問題ありませんよ。

AFFINGER と THE THOR でやってはないないこと

「ACTION(AFFINGER6)」 THE・THOR(ザ・トール) 、ともにデフォルトのママでも十分に使えるようになっているので、わざわざ不要なプラグインを入れる必要はありません。特に AFFINGER は専用のプラグインを使わないと、パフォーマンスが発揮できない場合があるので、例えば、遅延読み込みプラグインが欲しい場合は WordPress の標準のLazyLoad ではなく、別売の LazyLoad SEO プラグインを使うほうが理想です。厳密には、有料 LazyLoad SEO を使うか、LazyLoad 機能を諦めるかという選択が理想で、お金をケチって無料 LazyLoad をインストールするのは、パフォーマンスが下がるのでしないほうがいいという意味です(それでも一応は動きます)。

THE・THOR(ザ・トール)│らくらくサーバーセットプラン

THE・THOR(ザ・トール)


当サイトはなぜAFFINGERを使っているのか

当サイトはワードプレステーマ 「ACTION(AFFINGER6)」 を使っています。これは THE・THOR(ザ・トール) より AFFINGER の方が優れていると判断しているわけではなく、ただ AFFINGER (というかSTINGER)にはやく出会ったからそのまま結婚してしまったという感じです。ワードプレスのテーマは本サイトで紹介しているもの以外にも優れたものがいくつもありますが、なんだかんだあるにせよ、デザイン思想が当サイトの嗜好に合っているから使っているという感じです。 「ACTION(AFFINGER6)」 で作成した記事はショートコードを使用して、記事をまとめることも多く、このAFFINGER独自のショートコードは THE・THOR(ザ・トール) と互換性がありません。そのため、記事の修正手間を惜しんで 「ACTION(AFFINGER6)」 から乗り換えていないというのも主な理由です。

サイトは妙にプロっぽいものを作ってしまうと、内容がそれ相応のものでない限り敬遠される傾向にあります。どことなく素人臭さを残しつつ、記事を書いていくスタイルが無難にアクセスを集められるので、これがサイトづくりのコツだと考えています。そのため、 「ACTION(AFFINGER6)」 にせよ、 THE・THOR(ザ・トール) にせよ、徹底的にカスタマイズしてプロっぽいサイトデザインにしてしまうのは、可ならずしもアクセスを集めるサイトづくりの正解ではありません。

今回比較したワードプレステーマはいずれもカスタマイズ性に長けますが、やりすぎないようにすることがコツで、どちらもデフォルトで提供される設定(きせかえ機能など)から大きく逸らさないことにするのが、末永く使い続けられるコツです。

ACTION PACK3(AFFINGER6EX対応)

WordPressテーマ 「ACTION(AFFINGER6)

おすすめWPテーマ

AFFINGER と THE THOR は互角と見るべき

「ACTION(AFFINGER6)」 は確かに使いプラグインや、子テーマ「JET」などを追加するといい値段になりますが、それでもユーザーからのリクエスト(改善要望)をフィードバックしてバージョンアップを重ねてきたという感じがします。開発者側からすれば、開発に手間のかかるプラグインを無料というわけにもいかず、かといって AFFINGER のバージョンアップ料金に加えるというのもやりにくいはずです。AFFINGER はオプションのプラグインを使わなくとも、サイト作成に必要な装飾機能は使い切れないほど豊富なので、必要に応じて追加すればいいものではあります。必要なことが予めわかっているのなら、ブログで収益化などを真面目に考えている人なら ACTION PACK3(AFFINGER6EX対応) というパック販売で購入しておくのがキャンペーン価格などもありお得になります。

THE・THOR(ザ・トール) は、私の調べるところによると機能は 「ACTION(AFFINGER6)」 を意識して開発された感じがします。AFFINGERオプションのタグ管理マネージャーを、 THE・THOR(ザ・トール) としてまとめたて標準搭載しているという感じです。後発なのでお手頃価格で高機能というウリ文句ですが、 「ACTION(AFFINGER6)」 を完全に凌駕しているというものではありません。 THE・THOR(ザ・トール) 使いやすさと設定のしやすさは誰にでもおすすめできるものではあります。

AFFINGER から THE THOR に乗り換えるとアクセス数が上がるのか

公式サイトのデータのみならず、当サイトの独自調査でも、AFFINGER から THE・THOR(ザ・トール) に乗り換えたらSEOが改善され、アクセス数が上がったというアンケートをそれなりの数目にしました。サイトの記事を書き換えずにテーマを入れ替えただけで、アクセス数が上昇したという素直なデータでしたので、協力者をつのり深堀りしてみました。

結論から言えば、 「ACTION(AFFINGER6)」 から THE・THOR(ザ・トール) に乗り換えるとアクセス数が上がる可能性はあり、その逆もまたあるということです。SEO 対策はどちらのテーマもしっかりなされているので、クローラーが収集する中身のあるデータ(コンテンツ)としては大差ありません。しかし、違いが出てしまうのがサイトの反応速度です。
「ACTION(AFFINGER6)」 ユーザーが有料プラグインをケチって、WordPressの標準プラグインで代用している人や、Jetpack を含め作者も否定的な「All in One SEO Pack」などを導入してしまっていることで、無意味に速度低下を招いているケースが多かったです。
逆を言えば、これを解消することで、どちらのテーマを使用しても大差ないのかという確認作業を行いました。
不要なプラグインをすべて停止・削除し、支障が出る部分の記事を修正してもらうだけで、 「ACTION(AFFINGER6)」 に戻してもサイトの反応速度は改善し、アクセス数も上がりました(両テーマともほぼ同じでした)ので、要はテーマの使い方ということです。

どちらのテーマを使うかは、要はサイト次第という感じでしょうか。

ノーマルの 「ACTION(AFFINGER6)」 を使用していて、新たにタグ管理マネージャーを購入するのも億劫な方は、他の無料プラグインでこねくり回すより、 THE・THOR(ザ・トール) に乗り換えることで、サイトのパフォーマンスが改善される可能性があります。一方、 THE・THOR(ザ・トール) ユーザーが乗り換える際に、 「ACTION(AFFINGER6)」 をチューニングして、プラグインも厳選して使用する場合は、こちらもサイトのパフォーマンスが向上する可能性があります。
THE・THOR(ザ・トール) は追加でプラグインを詰め込む必要が極めて少ないテーマですので、デフォルトのままで使う人は、それなりにSEO対策のメリットが自然と得られる構成のようです。

プラグイン以外にも、 THE・THOR(ザ・トール) がアクセス数を上げることに成功した原因がありそうです。当サイトの調査では、テーマ自体の優劣と言うより、 THE・THOR(ザ・トール) のベテランサポーター(フォーラム)のアドバイスに素直に従って、アクセス数を上げることに成功したという事例は多く見受けられました。

なお、同内容のサイトで Google 検索絡みのテストを行うことは事実上難しいので、当方の結論が厳密で、普遍的なものとまでは言いませんが、この2つのテーマであれば、適切にテーマを使ってさえいればどちらでも問題ないと考えます。

AFFINGER と THE THOR、サポート体制はどうか

WordPres テーマでサポートが必要な方は、この部分は無視できないかもしれません。当方の独断と偏見で申せば、 THE・THOR(ザ・トール) の方が使いやすいと思います。特にTHOR の会員フォーラムは、初心者から中級者まで助けになる場所だと思います。一方で、 「ACTION(AFFINGER6)」 の場合は購入者専用の会員サイトでマニュアルを見ることができます。頻繁に更新される 「ACTION(AFFINGER6)」 ですので、マニュアルも随時更新追加やむなしという感じです。
マニュアルを検索すれば、知りたい内容に当たると思いがちですが、初心者の場合、そもそもやりたいことをキーワード化して調べるということも苦痛なことが多いので、 THE・THOR(ザ・トール) の会員フォーラムは捨てがたいサポートになるでしょう。

THORの会員フォーラムは深夜に質問しても数分で回答されることがあります。しかも内容はしっかりしていて、ある意味すごいサービスです。

AFFINGER と THE THOR 、設定難易度を比較する

両テーマですが、設定そのものはどちらも簡単です。どちらもデフォルトで、何も設定しなくてもそのまま使えます。WordPressそのものに詳しい人には、AFFINGER管理画面やウィジェット、カスタマイザーで迷うこともなく、 「ACTION(AFFINGER6)」 の方が使いやすく感じると思いますが、そうでない人はカスタマイザーだけで作業できる THE・THOR(ザ・トール) の方が使いやすく感じるはずです(AFFINGERユーザーは物足りなく感じるかも)。
総じて、どちらが難しいかといえば、 「ACTION(AFFINGER6)」 の方が少し難しいという感じです。慣れればどちらも同じと言ってもいいのですが、なれるべき対象は 「ACTION(AFFINGER6)」 THE・THOR(ザ・トール) といっテーマそのものではなくて、WordPressそのものですので、初心者は少々手こずるかもしれません。

AFFINGER と THE THOR 、コードを見てみる

「ACTION(AFFINGER6)」 THE・THOR(ザ・トール) も中身はテキストで書かれたphpやcss関係のコードですから、自分で都合よく改変しやすいのはどちらかという点で見てみます。
THE・THOR(ザ・トール) のコードは全体的にまとまっていて、少しでも触れると次回のバージョンアップのときにどうするか考えてしまいます。一方、 「ACTION(AFFINGER6)」 の方は日夜コードと切磋琢磨したような、作者が手直しした跡が数多く残っています。cssのようなバグっても大きく影響しないものには、まだバグや単純な文法ミスが残っていたりもしますが、特別動作に支障はありません。
CSSを緊急的に修正するときなど、コードを触りやすいのは、あえて言えば 「ACTION(AFFINGER6)」 だと言えます。でもどちらも触らないほうが、次回のバージョンアップのときにどうするか考えなくてもいい分、気持ち的には楽です。

独断とまとめ

まとめ

  • THE THOR のデザインは魅力的で操作も優しい
  • AFFINGER は専用プラグインで機能強化が簡単

当サイト限定プラグインのプレゼント

WP SLIC SYMBOL
オマケ情報ですが、上のリンク経由で 「ACTION(AFFINGER6)」 もしくは THE・THOR(ザ・トール) を購入された方には、テーブルのセル背景に透かし記号を入れる当サイト作成のプラグイン(wp-slick-symbols)を提供します。以後のバージョンアップも無料です。本ページで紹介している表に使用している、ハナマルや三角の記号を入れるだけのプラグインです。詳細は別途ページにお知らせします。
本広告前にも、すでに購入された方は無料で提供します。

-WordPress
-, , ,